Beyonceと音楽日記

自分が持っているCDをレヴューしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Beyonce 『I Am... Yours: An Intimate Performance At Wynn Las Vegas』

Beyonce-I-Am-Yours-Official-Album-Cover.jpg


01 『Hello』
02 『Halo』
03 『Irreplaceable』
04 『Sweet Dreams Medley』
05 『If I Were A Boy』
06 『Scared Of Lonely』
07 『That's Why You're Beautiful』
08 『Satellites』
09 『Resentment』
10 『Deja Vu Jazz Medley』
11 『Deja Vu』
12 『Tap Sequence』

13 『I Wanna Be Where You Are』
14 『Destiny's Child Medley』

15 『Work It Out』
16 『03 Bonnie & Clyde』
17 『Crazy In Love』
18 『Naghty Girl』
19 『Get Me Bodied』
20 『Single Ladies(Put A Ring On It)』




収容人数1500人というBeyonceのようなトップスターから考えたら極端に少なさからも分かるよう、Beyonce自身ファンとの一体感を極限までに感じたいとのことで作られた3日間だけの貴重な特別ステージ『I Am... Yours: An Intimate Performance At Wynn Las Vegas』についてレヴューしようと思います。
まずコンセプトでもファンと距離を感じるためなのかなんの派手な演出もなくステージとは反対の通路から登場し、観客と握手を交わしながらオープニング曲の『Hello』を披露。この曲は埼玉行った時も感じましたが、Live映えする曲ですね。CD音源そのままの迫力溢れる歌声・・いや音源以上にダイナミックな歌声を披露してくれもう1曲目からヤバい!って思わされますね
そしてヒット曲『Halo』『Irreplaceable』を披露し『Sweet Dreams』をアコースティックVer.で披露。メドレーってこともあり~『Dangerously In Love』~Anita Bakerのカバー『Sweet Love』と聞かせてくれます。この中でもカバーの『Sweet Love』が格別に気持ちいい!!やっぱPOPを歌うBeyonceもいいけどこういうBeyonceもいいよね~^^カバーでさえ自分のものにしちゃうんだからすごい
その後は自分の大好きな『If I Were A Boy』!!自分はEssence Music Festivalの時のアレンジがすごく好きなんですが、その時とほとんど一緒のアレンジで大満足!!メイキングを見てると「ギターよりピアノの方がいいかも」なんていってましたが、この曲はやっぱロックぽさがなきゃ駄目だね^^
そんでアルバムのサーシャサイドのトリを飾る『Scared Of Lonely』を歌ってくれます!この曲ツアーではやってないんだよねー!ありがたやーwダンサーさん達のエモーショナルなダンスとBeyonceの完璧な歌声で見ごたえたっぷり。もはやミュージカルショウ!この曲アルバムの中では結構自分のランクの中では下の方なんだけどこのパフォはかなり好きです。
お次のレアliveですね!!I Amサイドのトリを務めている『That's Why You're Beautiful』巷では大不評なこの曲ですが自分はこの曲すごく好きなんですよね。なんかすごく素朴だし歌詞もすごくいいし・・・・聞けて凄くうれしかったです。
そしてなんと『Resentment』も歌ってくれるんです!!この曲ははじめはどうでもいい曲だったんですけど、『I Am...』サイドを聞いて、この曲に対する評価も変わり今ではすごく好きなんですよ。”彼氏のたった一度の過ちを許せずに今では疑惑ばかりを考えてしまいあなたを信用なんてできない。昔はあんなにも容易く愛することができたのに・・・・あなたが嘘をついたばかりに 私はこれからずっとこの気持ちを抱えて生きていくことになる あなたの浮気止めることができなかった浮気相手のようにあなたを喜ばせることができない駄目な女だったって・・・・あなたの嘘がすべてを犠牲にしたの”っていうなんてことない歌詞なんだけどこの普遍的な感じが好きかも。目の前に観客がいる中に腰かけ感情的に歌う光景のすごくいいし、なにしろLiveで聞くと数段いい!
そしてBeyonce自身の尊敬するシンガーをあげ、挑戦状をたたきだしJazz Medleyへと映るんだけどここもいい!Beyonceもいいんだけどダンサー3にんによるタップダンスパフォがものすごくカッコイイw衣装チェンジの間も観客を飽きさせない。これってもうliveアーティストとしての必須条件になりつつありますよね
着替えを終えステージは第二部へ移り、ここからはBeyonce軌跡をふりかえりつつヒット曲をパフォしていく構成へ。まずはシンガーを夢見た幼少時代にはじめて覚えた曲だというジャクソン5の『I Wanna Be Where You Are』のカバーを披露。曲・歌共に完璧だしモータウン的紳士的なダンスもさらさらっとやれちゃうとこにもグっときますね!てかもう次のアルバムカバーアルバムでもいいよw
そしてレコード会社への契約の道をエンターテイメントな演出で語り、そこからはご存じDestiny's Childのヒット曲をどんどん披露してくれます。メンバー脱退の悲劇もさらけ出し、Destiny's Child時代があってこそのBeyonceだってことはBeyonce自身が一番よく分かっているんだなと感じさせてくれます。
そしてオースティンパワーズの『Work It Out』をパフォしてくれるんですが、これがまたいい!曲自体特別好きではないんですが、ステージ・バンド環境からかものすごくこの曲に合ってるんですよね~。この曲はセットリストにいれて大正解ですね
お次はJay-Zのおのろけを聞き、大ヒットの『Crazy In Love』を歌ってくれるんですが、これがじらすじらすwwこのじらしがもどかしいんだけど、ためたじらしが曲が始まった瞬間に爆発する感覚がとても気持ちいい!これはこの曲のイントロがすさまじいインパクトを持ってるから
お次の『Naughty Girl』はツアーと同じアレンジだったんですけど、観客との絡みがおもしろかったです^^マイク向けられたアリーシャさん良かったですわ~wこういう時に恥ずかしがらないで堂々と歌えるのってすごくかっこいいよね!なんか2回目とかフェイクいれてくるしw
そして『B'Day』からは『Get Me Bodied』を披露。これは見せ方がおもしろかったです。照明はBeyonceの顔だけにあてあとは観客からは逆光のためにダンサーとBeyonceの首から下までのシルエットが黒くクッキリ浮きあがっているって不思議な光景。曲時代もシンプルな音使いになっていていつもと違う『Get Me Bodied』でした~
ラストは『Single ladies』!この曲の盛り上がりはもはや鉄板!曲自体は決してLive向きのテンションあがるってかんじだはないのにここまで盛り上がるのはこの曲の支持が厚いからなんだろうな~って感じました

メイキングも見ごたえたっぷりで鬼のBeyonceが見えますw
ちょっと恐いけど、ここまで徹底しなかったら完璧なものはできないだろうしね・・・・・恐れ入りました。



総評★★★★★96点
でもまだLive In Atlanta越えではないです。

スポンサーサイト

Christina Aguilera『Stripped Live In UK』

998.jpg
もはやアイドルという枠にはとても収まりきらない歌唱力をお持ちの女性シンガーChristina AguileraのUKでのLiveDVDのレヴューをしようと思います。今のアンダー30の歌手の中で1番上手い女性歌手は?と聞かれたら、自分は大好きなBeyonceを差し置いて彼女の名前を挙げると思います。
結婚、出産、Best発売を経て今年は新作も予定されていますね^^

内容に移ると、まずはアルバム『Stripped』のイントロをバックに彼女が着せられた衣装をアルバムタイトル通り”Strip(脱ぐ)”していく映像が映し出され、豪快な演出とも衝撃の先行シングルの『Dirrty』を奇抜な衣装で文字通りDirrtyに披露、休む暇もなく男性ダンサーと官能的なダンスを交わす『Get Mine, Get Yours』そして衣装チェンジし、2ndアルバム収録の人気バラード『Voice Within 』を完璧な歌唱力で披露し、アラビアンなイントロから始まりRemixされた『Genie In A Bottle』を縛られながら歌いこなし、そして2度目の衣装チェンジでパンツスタイルなのにお尻の肌がチラッと見えるセクシーな衣装にチェンジし、Scott Storchとの不仲から今後Liveで歌うことはないだろう『Can't Hold Us Down』を披露。そして歌は一旦お休みになり、バックダンサーによるモロラテンなダンスパフォーマンス、パフォの終わりにヘアスタイルをチェンジしたChristina Aguileraが登場しギター1本バックに再び歌声披露しダンサブルにアップテンポになるとダンサーのパフォが始まり、MCをはさんだらお次はアルバムの中でラテンな雰囲気を出していた『Infatuation』を披露し、今度は椅子に落ち着きバックコーラスらと共にヒット曲の『Come On Over (All I Want Is You)』をアコースティックに歌いこなし、お次は2ndアルバムに収録されている希望に満ちたパワーバラード『Cruz』を完璧に披露。そしてスクリーンに再びChristina Aguileraが映し出されバンドパフォーマンスへと移りパフォが終わると、Aguileraがピアノに上がりAlicia Keys制作の製作者の特徴を受け継いだR&Bソング『Impossible』を脅威の声量でソウルフルに歌いこなします。そして水を飲みながらMCをし、お次に披露したのが最近Beyonceが映画でカバーしたのが記憶に新しいEtta Jamesのカバー『At Last』。そしてお次は映画のサントラ収録で、豪華なDIVA共演が話題になったPatti Labelのカバー『Lady Marmalade』をCandy Manっぽいダンサーを従えAguileraオンリーで披露(もともとAguileraがダントツで目立っていた曲なためになんの違和感もありません)お次は2ndアルバム収録の悲しげなクラシックなナンバー『Walk Away』をAguileraなりの官能的でアートな演出で披露。お次は、個人的な本作の目玉!!これ以上にLiveで盛り上がりを見せる曲は数少ないです!!ロッキシュなヒットナンバー『Fighter』を最高にパワフルにパフォーマンスしてくれます。このパフォは生涯に1回生で見てみたいです。そしてアルバムどおり『Stripped Part 2』で締めくくります。そしてラストは1stアルバムからのハッピーオーラ全快の大ヒットシングル『What A Girl Wants』途中にもの凄い高音を披露し、そこのパフォも見所です。そして一旦ここでショウは幕を閉じます。
ですが、ここからアンコールに入り名曲『Beautiful』をアカペラでオーディエンスと一緒に歌い上げてリアルなラストを迎えます。こんな事アギレラファンの方に怒られそうですが、自分そんな『Beautiful』っていい曲って思ってなかったんですが観客の反応を見てこの曲は名曲なんだなと実感しました。

収録された曲の数もタップリとボリューム満点ですし、演出や衣装も凝っていて見応えタップリ!そして1番の魅力は・・・・・やっぱりアギレラの歌唱力!これですね。ほんとにこれって生の歌声なのって疑いたくなる完璧な歌声を見せ付けてくれます。

またDVDにはインタヴューもタップリと収録されています。MCも多いアギレラのLiveですから、このDVDはぜひ国内版を買っていただきたいです^^
ちなみに自分は輸入版を買い、とても悔しい思いをしましたw

総評★★★★★92点

The Pussycat Dolls『Live from London』

478_20090123235944.jpg
今日は、デヴューアルバムも大ヒットし、去年2ndアルバムを発売したセクシーなキャバレーダンサー軍団The Pussycat DollsのLiveDVDの『Live from London』についてレヴューします。コチラは彼女たちの1番の魅力のダンスがたっぷりと詰まったLiveDVDになっています。

まずこのLiveはまだ1stしか出していない頃のLiveのため収録曲も少なく、ステージも小さく屋外でのLiveです。
そしてLiveの幕開けは4thシングルでPolow Da Don制作の『Buttons』一発目から彼女たちのレベル高いダンスがたっぷり拝めます!やっぱりMVだとダンス満載といってもそれこそBeyonceの『Single Ladies』のように100%ダンスという方が極めてめずらしいわけですので、Liveで彼女たちのダンスを心置きなく見れるというのはやっぱり嬉しい^^そしてNicole以上のMelodyの声量にも注目
休む暇もなく3rdシングルの『Beep』へと移ります。個人的にこの曲が1番盛り上がりLive栄えする曲だと思います!ちなみに意外な見所が、残念ながら脱退してしまったカーミットのソロ部分wこの人別に音はずしてるわけじゃないのに下手くそに聞こえますwそしてWill i amパートのブンブンブンブン♪の時のダンスシーンは迫力満点!かっこよ過ぎます
そしてBeepが終わりそれぞれのメンバーの自己紹介へと。みんな大声で自己アピールしてるのに、最後にNicoleが「あたしは分るでしょ」といわんばかりのステージ慣れにちょいイラッとw
そしてお次は『I Don't Need A Men』Nicoleがマイケル・ジャクソンみたいな「フゥー!」の高音を何度か繰り返すのが気になります。そしてMelodyのパートが多いのも見所(ほとんどウゥーとかウーイェーですが;)
そして衣装チェンジし、Nicoleのアカペラ『Feelin Good』を披露し、ヒット曲の『Stickwitu』へと思い出の写真や映像を写しながら歌い上げます。あっ、いい忘れましたが、このLiveではほとんどの曲のLive映像の最中にちょいちょいMVの撮影風景などが写されます。それにしてもこの曲めちゃめちゃいいですよねー^^高校時代かなり聞きました。ただ悲しいことにNicoleが観客にマイクを向けても全然返ってこない;;
そして今度は、チアの自己紹介風にメンバーのソロのダンスパフォーマンスへと移ります。これもカッコイイですね^^メンバーの和気あいあいとした雰囲気も見ていて微笑ましいですし
お次は『Wait a Minute』この曲も盛り上がりますねー!貴重かどうか分りませんがThe Pussycat Dollsのツアーかなんかの移動中映像がちらっと見れます。
そしてラストは大ヒット曲の『Don't Cha』この曲カッコイイとは思いますが、Liveではそんなにもりあがりませんね^^;スピードアップしてRemixになったりもしますが、やっぱり盛り上がりきれないかも。

ダンスがいっぱい見れておもしろいし、Nicoleの歌声も問題ないしMelodyも歌上手いです!ただやっぱりラストは『Beep』『Wait a Minute』にした方が盛り上がってよかったと思うけど

そしてLiveが短いからか他の特典がたっぷり入ってます!!!
まず1st収録のシングルは『Sway』以外はすべて収録されていますし、『Beep』『Buttons』は撮影風景も収録されています。そして各メンバーを紹介した映像、インタヴュー映像とほんと特典映像が充実しています。コチラ目当てで購入してもいいんじゃないかなと
だからこそ買うんだったら国内版をオススメします!ちなみに自分は国内版出る前に輸入版買っちゃたんでインタヴュー映像を見ても何しゃべっているか全く分りません;

ちなみにMVだったら自分は『Wait a Minute』が1番好きです!!あのビデオはメンバー全員綺麗だし、街中のダンスシーンはめちゃくちゃカッコイイし、ラストNicoleが「カッ!」と舌を鳴らして終わるところがめちゃくちゃカッコイイです。

総評★★★★80点

サントラ『Cadillac Records』

453.jpg
Beyonceが出演した映画『Cadillac Records』のサントラについてレヴューします。これははじめは通常版買おうと思ったんですが、2枚組みのデラックスには通常版にはないBeyonceの曲が2曲入っていたので、デラックスを購入しましたw収録曲が多いのでお気に入りの曲だけを紹介させていただきます。

まずは、ディスク1枚目からで、2曲目に収録されている近作の目玉的な曲であるBeyonceが歌うEtta Jamesのカバー『At Last』原曲聴いたことないですが、このカバーはなかなかいいですねー!Beyonceの歌声もいいですが、バックの生音の感じがいいですねーw自分の中では電子音バリバリの現代のサウンドに疲れた時の息休めのような曲です。
そして5曲目に収録のこれまたBeyonceが歌う『Once In A Lifetime』こちらはちょっと映画に使われてはいない感じのオリジナルっぽいですね。浮遊感のあるユッタリとしたトラックにサビでの伸びやかなBeyonceのボーカルが心地いい1曲。
そして6曲目に収録のRaphael Saadiqが歌う『Let's Take A Walk』この曲もレトロな1曲で、曲の雰囲気がカッコイイです。レコードで再生したかの様に声にエフェクトをかけているのもイイ!
そして7曲目に収録でBeyonce妹Solangeが歌う『6 O'Clock Blues』この曲はSolange自身のアルバムにも入ってましたよねwでもその曲がこの60年代を舞台にした映画のサントラに上手くはまるのは、彼女のアルバムがそれだけ60'sの音楽へのオマージュが濃かったってコトですね。
そして9曲目のゴスペル姉妹MaryMaryが歌う『The Sound』これは途中まではAmy Winehouseの『Rehab』様にジャズオーケストラチックですが、サビでPOPな展開になるが好きです。
そしてBeyonceの3曲目で曲順11曲目の『I'd Rather Go Blind』コチラもEtta Jamesのカバーだそうです。『At Last』より感情豊かというより怒っていて、ビヨ節使いまくりですwでもその力強い感じがいいです!

そしてディスク2枚目からは、まずデラックスにしか収録されていないBeyonceが歌う『Trust In Me』この曲もおそらくカバーでしょう。声にわざとくもらせた感じが、曲の時代を完璧に表現してます。後半にビヨ節全快になるのがイイ!現行サウンドだとビヨ節使うと合わないパターンが多いけど、こういうレトロな曲ではバンバンビヨ節使っちゃった方がいいですねー。『At Last』のように出し惜しみしない方がいいなー
そしてコチラもデラックスのみ収録のBeyonceが歌う『All I Could Do Was Cry』この曲がサントラの中で1番好き!!!!!!!!この冬の季節がピッタリあてはまるバラードでこちらもEtta Jamesのカバーです。落ち着いた曲調の中に切ない情感なメロディがあり、その曲の持つ情感をBeyonceがビヨ節を使いながらうまく歌いこなしているのが最高です。正直この曲を通常版にもいれて映画の宣伝曲としてプッシュした方がいいと思ったなぁ・・・・・・・・こんなビヨ節聞かされたら『At Last』が物足りなく感じます
そして12曲目に収録の予告にも使われた『I'm A Man』をサンプリングしてQ-Tipがおしゃれにラップを披露する『Evolution Of Man』これは曲がいいというよりQ-Tipのラップがイイw

紹介した曲以外は、曲を楽しむというより映画の舞台の60'sを雰囲気で楽しむっていうほうが当てはまる感じでしたw
でもBeyonceの歌う5曲はどれも良かったので、それ目当てで買うのもいいかもしれませんね。やっぱりお手軽な通常版の方に魅力を感じますが、個人的にサントラの中で1番ズバ抜けて好きな曲がデラックスのみ収録の『All I Could Do Was Cry』でしたww
でもこの曲ホントいいですよ~
Dream Girlsと時代は近くサウンドの雰囲気も似ているんですが、やっぱりモータウンを題材にしたアチラの方がキャッチーで聞きやすく、個々の曲が印象に残ったなぁーって思いました。しかも自分デラックスを買った分2枚目にはスルー曲が多かったです。


総評★★★59点

Beyonce『The Beyonce Experience Live』

027_20081110170933.jpg
今日Beyonceのアルバム手に入ります!!ドキドキしますね!今日はBeyonceの前アルバム『B'Day』を引っさげて行ったツアー「Experience Live」をロサンジェルスで行ったライヴ映像を納めたDVDをレヴューします。国内盤はリミックスのCDに字幕がついているんですが、特典映像がないので、字幕とリミックスCDを我慢できるんであれば安い輸入版DVDでも十分楽しめると思います!

早速内容ですが、ほぼなんの演出もなく煙幕の中からギランギラン衣装のBeyonceが登場し「ショーのはじまりよ」の掛け声から観客の歓声と共に『Crazy In Love』を歌い始め、サビでは衣装の訳半分を脱ぎ捨て定番のミニドレスになり、しょっぱなからパワフルなパフォーマンスを見せてくれます!!途中にGnarls Barkleyのヒット曲『Crazy』をアレンジして挟むところも見所です!登場シーンこそ演出なしでちょっとがっかりしたんですが、ここまでのものを見せ付けられたら不満もどっかにwwそして休む暇なくハードなRock調になった『Freakum Dress』これCDでは聞く気になれませんがライヴは別!華麗なダンスにハードなシャウトと見所満載です!そしてサビでの「Go!」の連呼で異常に盛り上がる『Green Light』曲紹介のMCで「1stアルバム持ってる?」のS顔が素敵ですwそしてダークなグリーンの衣装にチェンジし、№1ヒット曲『Baby Boy』をこれでもかってくらいSexyに披露!ダンスシーンが年を重ねるごとに激しい動きになっていますwそして次はShakiraとの共演で話題を呼んだ『Beautiful Liar』バックダンサー以上にグリングリンさせるBeyonce素晴らしい腰使いに圧巻wwそして観客に聞いたことのない奇声を上げて煽りを入れる『Naughty Girl』そしてしっとりとしたバンドの演奏へ移り、そこから『Me, Myself And I 』へ。この曲は艶っぽく歌って欲しかったのに、いきなりビヨ節全快になるからビックリ^^;この曲に関してはウェンブリーのが上。そして次はお決まりの歌唱力アピールありで演出の凝った『Dangerously In Love』この曲中盤に持ってきて正解かもwあの歌唱力アピールがそんなにウザく感じません(笑)そしてメランコリックな『Flaws And All』歌は完璧なのに最後の涙・・・・こういう演出??あんま好きじゃないです。そして男性ダンサーのソロダンスを終えてからここからはデスチャメドレーへと。まずはサイレン音とともにヒット曲『Independent Woman Part 1』へ、虫眼鏡の演出がよく分りませんw「独立した女」を見極めるってことでしょうか。そしておもたようなキラキラのジャケットを脱ぎ強烈インパクトのベージュ色のタイツ??にキラキラアクセサリーをあしらった衣装へチェンジし『Bootylicious』をコンパクトに披露し、そしてデヴュー曲『No, No, No Part 2 』を完璧に披露し、お次は『Bug A Boo』を早口歌唱でかっこよく披露と思いきや、途中で演奏をやめさせスローなロサンジェルスヴァージョンへチェンジ!お次は、もの凄いマイクの持ち方からはじまる『Bills, Bills, Bills』そして振り付けが変わってちょっと残念だけどセクシーが増した『Cater 2 U』そしてフェイクを加えながら歌い機器応え満天の『Say My Name』そして、バックコーラス3人娘と共に観客の男あさりからはじまる『Jumpin' Jumpin' 』そしてSoulja Boyの『Crank That』のダンスからはじまるかっこよすぎる『Soldier』そしてデスチャの神曲『Survivor』途中までは一人で歌っていますが「一人じゃつまんない」とメンバーのKellyとMichelleを呼び3人でパフォーマンス。最後の「I'm Survivor」の高速リフレインはホントにカッコイイ!どうせ出るんだったら最初から3人でやってほしかったとも思いますが、あくまでこれはBeyonceのライブだし、そんなにしょっちゅう共演してたら3人一緒のありがたみが薄くなるんでこれぐらいの共演で◎。そして1stアルバムの『Speechless』を艶かしく披露!この唇形のソファー、ダリ展にありましたwwそして男に怒り狂った女性が何人も登場する凝った演出からはじまる『Ring The Alarm』どの女のエピソードも怒り狂っていておもしろいんですが、自分はサルサ女が妙にインパクトあります(笑)あの外見にあの声ってwwそしてめちゃくちゃ色っぽいフレーズやポールダンスにと見応えたっぷりの『Suga Mama』そしてこの曲も素晴らしい!!Jay-Zを客演した『Upgrade U』なんですが、そのJay-Zも後半に登場!!これは盛り上がりましたね!!Jay-Zを前に微笑むBeyonceがカワイイ!!あとこの曲の振り付けもすきなんですよねーwあの走っても走っても前に進まないみたいな振り付けがwフェイクも素敵で言うことなし満点です^^そしてどうせだったらそのままJay-Zに残って共演してほしかった『Bonnie And Clyde』№1ヒット曲なんだしもっと長めに聴きたかった『Check On It』爆笑レッドカーペットの退場のように動く床に乗ってはじまる『Deja Vu』この曲もっと前に歌って欲しかったなー。ていうのも後半のぶっ壊れる感がちょっと足りない感じ、前半の体力有り余っているときに心置きなくぶっ壊れて欲しかったなと。そして次の曲が個人的このライブでの1番の見所!!女王蜂に扮して登場し、歌いまくって踊りまくって、もうこれ以上ハジケらんないってくらいはじけさせてくれる『Get Me Bodied』ストレスが溜まったらこのパフォを見ましょうwwそしてBeyonceのMVやファンとの映像などをダイジェストで写したBGMの『Welcome To Hollywood』そしてちゃっかり自身ブランドを宣伝しちゃう『Dreamgirls』そして後半に持ってきたためかちょっとパワフルさにかける『Listen』そして、観客の大合唱に感動の『Irreplaceable』大ヒットした曲だからこそこの大合唱がなりたつんですね!そしてラストにはBeyonceの誕生日サプライズと見応えたっぷり!!

どうですか!!この収録曲の多さ!!こんなにボリュームたっぷりで全く「飽きた」「だれる」なんて思わせないことが出来るのはホントにすごい!!
ちょっと不満あげるとしたら『Me Mysekf&I』の歌い方と涙シーンと『Deja Vu』『Listen』のパワフル不足あたりだけかな
この点からデスチャの神ライヴ『Live In Atlanta』には一歩及ばないもの絶対に損はさせない名作ライブになっています!!是非見て欲しい1枚です!!

総評★★★★★95点

 | HOME |  »

Today's Power Play!!!

「Satellites」
冬の夜空と一緒にこの曲を・・・

プロフィール

そろてぃ

Author:そろてぃ
好きな歌手:Destiny's Child(Beyonce・Kelly・Michelle)・Monica・SWV......詳しくはココ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ヘビロテ!!!

73q0.jpg

Next Review

未定

FC2カウンター

サーチ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

暇あったら押してみて下さい↓↓

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。