Beyonceと音楽日記

自分が持っているCDをレヴューしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Marques Houston『Mattress Music』

6751.jpg


01 「Mattress Music」
02 「Pullin On Her Hair (Featuring Rick Ross)」
03 「Kickin and Screamin」
04 「Mess」
05 「Noize」
06 「Swag Sex (Featuring Soulja Boy Tell' Em)」

07 「He Ain't Me」
08 「High Notes」
09 「Ghetto Angel」
10 「Explosion」
11 「Waterfall」




ヒットシングルがないわりにすんなりとアルバムが出るMarques Houston
そしてその出すどのアルバムも一定以上のクオリティを越えた作品を提供してくれる彼。
今作も安心できる内容になってました。

前半3曲はこのアルバムの中ではすこしハジけた感じ。彼はかなりR&Bシンガーとしてもうベテランの域に踏み込もうという感じですが、やっぱりこういう若々しい曲も必要ですよね。
でも自分が好きなのは「Mess」から。The Dreamっぽい反復のサビが印象的なミッド
そして次の「Noize」が最高。自分的にこの曲がアルバムでの一番の収穫でした!何の変哲もないスロウジャムなんだろうけど、地味でありながらもクオリティが素晴らしく高い。彼は前作の「Stranger」といい、安定感のあるアルバムの中での駄目押し的な1曲を用意してくれてますよね
次の「Swag Sex」も良い!!正直曲のタイトルとSoulja Boyのクレジットを見た時にはアホっぽい曲なのかなと想像していたのだが、正当は美メロミッドに仕上がっていて嬉しいサプライズw歌詞は知らない方が良さそうかもねw
あとは「Explosion」「Waterfall」のラスト2連チャンは地味なバラードではあるんですけど、R&Bを聞く頻度が少なくなったこういう空気感のR&Bがたまらないですね~
前者はサビでのタイトル反復がクセになる中毒ソングで、後者は前作でいう「Beautiful Woman」のように妖艶なイントロとそこから入ってくるファルセットに至るまで完成し尽くされているバラードになってます。


彼はずっとR&Bを貫いてきてますし、今作でも今までと全く変わらない路線にアルバムの構成となってます。
これでいいと思います。彼も出はアイドルでも今では違いますし、ひとつのジャンルを貫き通すシンガーも必要ですよね。逆に彼のようなキャリアの築き方ってR&Bシンガーの理想だったりするんじゃないんですかね?



Marques Houston「Noize」
ちょっと加藤ミリヤの困り顔に似ている様な時が・・・


★★★☆
スポンサーサイト

Keith Sweat 『Ridin' Solo』

807_20100729144327.jpg



01 『Famous』
02 『Full Time Lover』
03 『Test Drive』
04 『Ridin Solo』
05 『Genius Girl』
06 『Do Wrong Tonight』
07 『Hood Sex』
08 『It's All About You』
09 『I'm The One You Want』
10 『Live In Person』
11 『It's A Shame』
12 『Tropical』


”安心感”
これに尽きるんじゃないでしょうか?
良い意味で予想通り。
もはやこんなこと買っただれもが思ってることだろうけど、やっぱり一番に思う正直な感想ですね。
前作にちょこちょこあった”若さ”というかはじけた感じも初っ端の『Famous』のみで、あとは前作以上に濃厚なスロウジャムの詰め合わせになってます
でも自分は『Famous』が一番好きだったりwwT-Painっぽいメロディと声加工だけど、分かりやすくていいじゃん!

あともちろんJoeとの先行シングル『Test Drive』も好き!!しっとりとしたスロウジャムなんだけど、どこかヒンリと涼しげなメロディが今の季節にピッタリ♪
『It's All About You』のような安眠を誘うような美メロも最高!透明感あるバックコーラスとKeithの相変わらずな羊ボイスが良い感じ!
そして今は夏!!もろに季節感をだした『Tropical』も好き~!
Ashantiの『Good Good』のようなユッタリとだらけた夏って感じw

ただ前作に比べると全体的に地味になった印象も受けました。
これは取り方によっては冒頭で書いた様により濃厚なR&Bへと進化したという事になるけど
現在の音楽市場とともにPOP化してきてる自分の耳にはこの変化は”地味”としか捉える事ができないんだよね^^;
よって自分は前作のが好きかな・・
寝る前に聴くのにはピッタリ!
でも集中して聴くには、ちと退屈っていうのが本音
まぁ時間が経てば印象も変わるでしょうけど・・・・





総評★★★☆



blogで宣伝

Raheem DeVaughn 『The Love & War MasterPeace』

590.jpg



01 『Dr. Cornel West Intro』
02 『Bulletproof』
03 『The Greatness』
04 『I Don't Care』
05 『Black & Blue』
06 『Mr. Right』

07 『Dr. Cornel West Interlude』
08 『Fragile』
09 『My Wife』
10 『B.O.B.』

11 『Bedroom』
12 『Microphone』
13 『Garden Of Love』
14 『Dr. Cornel West P.S.A.』
15 『Nobody Wins A War』
16 『Revelations 2010』


全体的には良い感じなんだよ^^でも曲数多いかな~。しかもラスト周辺の曲が5分・6分・7分越えのクセもの共が連ねていて1枚聴くにはすこし疲れるかなってのも感じた
でも単曲のレベルの高さには少しビビったww

まず『Black & Blue』なんだけどヤバ過ぎやしないかい!?wコレ超好きなんだけど!
サビとかメロディアス極まりない感じでたまんないね。自分が求めるスロウジャムと合致しちゃってます
あと『My Wife』とか同じ理由で好きかな。前曲に比べるとサッパリというかさわやかな感じで夏のクーラーと相性が良さそう。サビの曲名連呼のトコは中毒性高し。
とりあえずこの2曲が突出して好きかな
さわやかっていうと『I Don't Care』もなかなか^^つーか店頭試聴時はこの曲が一番良く感じた。
あと先行曲の『Bulletproof』もイイね。なんかJBっぽいソウルって感じでキャデラックレコーズのサントラCDとかに入ってそう!でも今っぽくもあるよね。じゃなきゃハマらないと思うし
『B.O.B.』はしっとり・じっくり聴かせてくれるスロウなんだけど、適度な軽さっていうか浮遊感もあって退屈感がない。好きッす
『Mr. Right』はすごくオーソドックスで聴きやすい^^結局R&Bにはオーソドックスな作品を求めてるとこあるしね
あと『Fragile』ね。これも比較的オーソドックスなんだけど歌い方が好き!
最後に冒頭でもすこし紹介した6分越えのクセもの『Garden Of Love』かなーり濃厚なR&Bが6分越え。すこし疲れそうな気がしないでもないけど実は逆w夜ふとんの中に入った時に聞くとあまりの脱力感に即寝しちゃいますよ(でもそれって褒め言葉なのかな・・・)

ってまーいろいろ書いたけど、曲は好きなんだけど1枚通して聴くのは正直疲れるっていうのが簡潔な感想かな。
最近コンパクトなアルバムになれちゃって収録内容が分厚いアルバムに抵抗がなかったっていうのもあるんだけどさ・・
でも普通に好きだよ^^





★★★☆



blogで宣伝

Jaheim 『Another Round』

835.jpg



01 『Ain't Leavin Without You』
02 『Finding My Way Back』

03 『Whoa』
04 『Till It Happens To You』
05 『Bed Is Listening』
06 『Impossible』
07 『Another Round』
08 『Her』
09 『II Pink Lines』
10 『Otha Half』
11 『Closer』
12 『In My Hands』


はじめは買うつもりはなかったんですけど・・・・・・試聴したらついw
買うのを渋っていた理由として先行の『Ain't Leavin Without You』がそんなにいいと思わなかった。っていうのが第一にあるんですが他のスロウジャムが素晴らしく手に取り、レジまで行ってしまいました。
ただ不思議なことに購入してから『Ain't Leavin Without You』を聞くとそんな悪くないんですよね。むしろ良い!曲自体が好きになったらあとは曲と相性抜群の彼の声を楽しむだけですね。
2曲目の『Finding My Way Back』からかな~り渋く。まぁ1曲目から十分渋いんですがスロウな分余計にね・・wリラックスしたい時にぴったりですね
そして『Till It Happens To You』が超好き!!!この安眠を誘うようなしっとりとしたメロディと後半の段々盛り上がっていくボーカル展開がたまらん
あと『Impossible』もやばい。実質ここまでの曲は全部色付けしたいくらい高品質なんですがこの曲の第一印象はずば抜けてましたwこの曲が購入の決め手にもなりました。彼の声とモータウンっぽいメロディアスなトラックと合わないわけがない組み合わせ!なんかMarvin Gayeっぽいかも
8曲目の『Her』は先行曲やJohn Legendの『Green Light』みたいな渋い声で歌うレトロなアップ。彼も歌声も十分いいけど合間合間に入る女性ボーカルの清涼感ハンパないw
そして最後に『Closer』がすごく好き!このアルバムの中でも「哀」「悲」という要素が一番出ているバラード。こういう雰囲気の曲大好き!wもうイントロからして最高ですね。



この安心感!
自分は前作より好きですね^^Remixを抜かせば12曲という曲数やアップとスロウのバランスも完璧だし、内容には特に文句のつけようがないですね。
ちょっと衝動的に買ったアルバムですが後悔はなし!
ただこのジャケは若干好きになれないw






★★★☆
Leona Lewisのアルバムから採点基準をほんの少し辛口にしました。のちのち過去作レビューも少しずつ採点し直したいと思います。

Chris Brown『Graffiti』

046.jpg



01 『I Can Transform Ya』
02 『Sing Like Me』
03 『Crawl』
04 『So Cold』
05 『What I Do』

06 『Famous Girl』
07 『Take My Time』
08 『I.Y.A.』
09 『Pass Out』

10 『Wait』
11 『Lucky Me』
12 『Fallin Down』
13 『I'll Go』


最近のポップへの流れを止める側ではなく、流れに乗る側の作品。別に自分は質が高ければどちらでも構わないんだけどこの作品はかなり高品質に仕上げてきましたみたい
まず聞いた瞬間にグっと来たのが『Sing Like Me』この曲はどちらかというとR&B寄りな1曲ですね。クリブラはダンスもすごいけど、まずシンガーとして声が綺麗だからこういうミッド曲を歌わせるとたまんないな~
あと『So Cold』!!これはヤバイ!Jordin SparksとかLeona Lewisあたりが歌ってそうな汚れなしのミッドバラードなんだけどやっぱ歌上手いからこれも文句なしの出来になる!つか『Crawl』なんかシングルにしないでこの曲シングルにすればいいのに!!
次の『What I Do』は『So Cold』におちゃらけた雰囲気を足した感じ!?でもちょうPOP!この4曲目まで聞くと真面目に『Crawl』をシングルにしたのかがホント謎w
そして7曲目までは比較的大人し目で固めて8曲9曲目の『I.Y.A』『Pass Out』は前作の『Fowever』路線の宇宙っぽいエレクトロ。シングル向きではないかもしれないけど、この2曲の流れってかなりカッコイイ!ゴッジョブ!
この他の曲も高品質な曲で固めてきているのでかなり良いアルバムじゃないかな^^
ただ『Crawl』『Take My Time』は地味すぎてつまんないかなぁ
あとジャケは嫌いw



総評★★★★☆82点

 | HOME |  »

Today's Power Play!!!

「Satellites」
冬の夜空と一緒にこの曲を・・・

プロフィール

そろてぃ

Author:そろてぃ
好きな歌手:Destiny's Child(Beyonce・Kelly・Michelle)・Monica・SWV......詳しくはココ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ヘビロテ!!!

73q0.jpg

Next Review

未定

FC2カウンター

サーチ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

暇あったら押してみて下さい↓↓

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。