Beyonceと音楽日記

自分が持っているCDをレヴューしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろてぃ’s 2009年間アルバムランキング

アルバム

今年聞いたアルバムをTOP15でランキング化しようと思います。
またリリースの範囲は2008年~2009年のアルバムにしました。

それでは続きからどうぞ


続きを読む »

スポンサーサイト

唐突に過去曲 Part2

企画2回目~


今日はコレ!



Javine『Surrender』

ナツカシー!!当時高一とかだっけな~
おそらく自分が一番はじめに買ったUKアーティストのアルバムです(Mis-Teeqだっけな?w)

当時は洋楽の知識は着うたサイトとかCDショップのポップだったため、UKチャート第1位とかUKのBeyonceとゴリ押しされていたこのCD薦められるがまま視聴することなくレジへ持って行きました。
ただものすごく恥ずかしいんだけど、当時はUS=アメリカ、UK=イギリスっていう区分けを知らなくてUSもUKもどっちにしろアメリカかと思ってたんですよねぇ・・・・高一でそれはイタイw
だから普通にアメリカ人かと思ってたけど、途中でイギリスなんだって気がついた

他にもアルバムだと『Real Thing』とか『All About Us』が好きでした^^
でも彼女今何やってんだろ・・・・・・・とりあえず今見ると顔がレオナ・ルイスに似てるかもw


ちなみにAshlee Simpsonの1stで一番好きなのも『Surrender』
あの曲も好きだったな~

2009 そろてぃ’s 年間チャート

single.jpg

今年の曲単位のランキングはシングルとかアルバムとか過去曲も関係なく、ごっちゃのチャートにしました
itunesの再生回数を主に集計してますが、そうすると今年4月からのランキングになるので4月より前の記憶も集計に加えましたw

それでは続きからどうぞ



続きを読む »

2009年を振り返り

そろそろ年間のランキングでもつくろっかなw


今年はシングルランキングとか曲単位のランキングは過去曲・シングル曲・アルバム曲も境目なくゴチャ混ぜのランキングにしよー

アルバムはさすがに去年後半・今年の作品に絞ろうと思います。だから過去作のエントリーは除外しようと思います。



でもめっちゃ聞いた過去作とかあるんだよな~・・・・・
ってことで今日は、残念ながら過去作だという理由でランキングから除外せざるをえなかったすんばらしーアルバムを紹介しとこうと思います。



Cover.jpg
SWV『New Beginning』

まずは今年のはじめあたりに聞きまくったのがSWVです。なんでハマったかの経緯は忘れたw
ベストとかもっと前に持ってたけど、ハマったのは去年の秋冬くらいから今年の春くらいがピークだったけな??それすらも忘れたw
彼女達のオリジナルアルバムは全部良いアルバムですが個人的にセカンドの『New Beginning』が一番好きです。『Week』とか『Rain』みたいな彼女達の代表的シングルは1st・3rdに収録されてますけど、アルバムを総合的に見ればやっぱり2nd
アップとバラードのバランスや全体的な流れだったりが非常にツボ。特にバラード陣は名曲揃いですね

好きな曲
『When This Feeling』『You Are My Love』『I'm So In Love』『Don't Waste Your Time』『You're The One』『On & On』『Use Your Heart』『Fine Time』『Love Is So Amazin'』




3198040180.jpg
Xscape『Traces Of My Lipstick』

SWV熱の次にはXscape熱がきました!
ただまだ彼女達の1stもってないんだよな~^^;欲しいけどさ・・・近くのブックオフで500円だった・・・値下げしろ!!
2ndも良い感じだったけど、ダントツで3rdが素晴らしい!!
マジでこのアルバムのバラード名曲ばっか!
SWVもそうだけど、なんで彼女達の歌声はこんなにも涙腺を刺激してくるんでしょうね~。別に歌詞なんて分かんないよwでも泣ける
90年代のR&Bを彩ったガールズグループって他にもいっぱいいるけど、デスチャは別物としてこのSWVとXscapeの2組がすごい好き!En-Vogueとか歌が究極に上手いのは十分承知ですがバラードで泣けない。というかパッとバラード曲が思いつかない・・・・
あとなんかSWVとかXscapeってものすごくかっこいいんだよな~
路線もほとんど変えずにオリジナルアルバムたった3作で人の記憶に残ってるってとことかが

好きな曲
『One Of Those Love Songs』『Hold On』『Softest Place On Earth』『Am I Dreamin'』『The Arms Of The One Who Loves You』『My Little Secret』


ちなみに黄色字の曲は個人的な神曲です。
1月のSWV行きたいな~・・・・・
ちなみに年間のランキングでアルバム部門では排除しますが曲単位の部門では上の曲達は入れてます。





862.jpg

あとR&BじゃなくてもGirls Aloudにもはまりましたわ~
彼女達の好きな所って”らしさ”をしっかり持ってるところ
曲を聞けば、こりゃぁ絶対USじゃヒットしないだろうなぁって思います。でもそんなことどうでもいいですよw
だって”らしさ”があるから



744.jpg465.jpg089.jpg088_20091222015024.jpg084.jpg

あと去年リリースされたKieth Sweatのアルバムにハマり彼の過去作も地味に集めてました~
ただまだどれも十分に聞きこめてません;;
アルバムをコンプリートし、もっと聞きこんでKeith Sweatを十分に知ったら彼のLiveDVDを堪能する計画がありますw
来年はこの計画を実行できるでしょうか^^;
(貼った画像のアルバムは持ってるものです)




083.jpg

そしてBeyonceとの結婚記念(?)としてJay-Zの過去作も何個か購入しました
中でも名作と評判の『The Blueprint』は評判通りすばらしかった!ゴツゴツのHIPHOPって苦手なんだけど
『Girls, Girls, Girls』『Never Change』『Song Cry』のようなメロウなものから『Izzo (H.O.V.A.)』『Hola' Hovito』とかただ単にどうでもよくカッコイイものまでもうHIPHOPなんてジャンルラベルがちょっとうっとうしいくらい



ほかにもMario VazquezとかChanté Mooreとかもアルバムハマったな~
自分は来年も過去作を発掘してると思いますw
ただ今年より中古CD控えた方がいいのは十分分かってる。聞けてないCDの数が半端ないからw

Beyonceの両親が離婚したらしい

なんかBeyonceの両親が離婚したらしい・・・・・

もろマシューの不倫・隠し子が原因だよね
やってくれるよマシュー


家族とともに上り詰めたBeyonceにとってもつらい現実だろうなぁ・・・・


Beyonceがんばれ!!


でもこれからBeyonceのマネージメントはどうなるんだろ・・・・・
この一件はマシューが悪いのはわかりきっているけど、Beyonceの成功の陰にはマシューのマネージメントの強さがあるっていうのも十分承知してますし・・・・・


この件がBeyonceの仕事へ影響がないことを祈ります。





あぁ~マシューズBest Hit TV復活しないかな~

唐突に過去曲 Part 1

なんか新コーナー作ってしまったww


てゆーのも時々ふと過去作聞いてみたり、シャッフルで好きだった過去曲を聞いて改めてこの曲いいなぁって思ったり、今聞くとこの曲印象違うなぁって思うことがしょっちゅうあるんですよ
その時すごくその感情を出したいんだけど、ブログの記事に書くほどでもないし、こういうことを語り合える人もいないって感じが続いてて、たまりにたまり・・・・

結果として吐きだす場所として新コーナーw

まぁもともとブログなんて音楽に対する感情のはけ口としてはじめたし、今もそうだし・・・・・こんな自己満120%記事も別にいっかってことで!
サイドバーに貼ってるTodays Power Playと同じ趣ですがこっちの方が長く自由にかけるし



そんで第1回は





やっぱデスチャww
『Survivor』に収録の『Fancy』です。この曲超好きだわ~
シングルカットはされてないけど、シングル並みのインパクトを持ってる1曲ですね!というか当時の彼女達の勢いはすごかったんだからこの曲もシングルカットするべきだと思いますね。モッタイナーイ

この曲は当時の曲にしてはKellyのパートが凄く多いですね。でもこれすごく正解だと思うな~!反対にMichelleのパートが少ないのも正解だと思う^^;これは別にこの曲のために少なくしたみたいな意図的な意味とかないと思うけどw
やっぱりこういうキャッチーな曲は当時のMichelleの歌い方だと個人的に少し違和感があります。今ではシンセバリバリのダンスポップも乗りこなすMichelleはSurvivorの頃は歌い方もルックスもおばさんぽかった
だからこそ『Emotion』のMichelleパートは好きなんだけどね~

The Saturdays『Ego』解析

いや~『Ego』のリピートとまんないっすww
ビデオの内容も理解するのにちょい時間かかりましたが、とりあえず理解しましたよ^^
ってことで今回は『Ego』のビデオ解析w





とりあえずストーリーは今までチームを組んでいた仲間だったのに一人だけ抜け駆けした裏切りものに仕返し的な内容ですね
歌詞もちょこっと翻訳にかけたら大体そんな感じだった(翻訳にかけたところでかなり意味不明な文章が翻訳されてましたがw)

たぶん間違えてると思うけど大体は
このままチームで共に行動していくと思っていたのにあなたのエゴがチームの絆を乱したんだよ
みたいな感じ?w
これは自分が勝手にビデオと翻訳にかけたデタラメな文から推理した予測に過ぎないのでなんの信憑性もないんだけどねwつかGirls Aloudとかもそうだけど国内版がなくて歌詞が分からないってちとキツイねw



そんでストーリーはさておき、このビデオではアメコミのような派手なコスチュームをまとったスーパーヒーローの集団っていうのが設定ですよね!アメコミでいえばウォッチメンだね!!(ちなみにウォッチメンのマンガおもろーい)
そのひとりひとりに特殊能力あります。その5人の特殊能力を映像から分析しました!

まずはUna Healy

彼女の特殊能力は人物がうつった写真に火をつけ、燃やされた写真の人物へ熱をそのまま伝えさせる能力があるみたいです。まぁ分かりやすくいえば写真が分身でその分身を傷つけることで分身ではなく本物にダメージ喰らわせるみたいな感じ?ただしダメージは若干少ないようでこの攻撃を受けた男も「首元あっちぃな」くらいのリアクションしかとってませんw


お次はFrankie Sandford

彼女は指を鳴らすことで相手にまぶしいフラッシュを浴びさせることができるようです・・・・・・・・・・・なんか地味ww


そんで一番歌が上手いVanessa White

彼女はねんりきを使い相手を遠隔操作できるようです。ただし能力使用中は白目を向かなければならないらしく、能力以前に顔が恐ろしいです。


次は典型的なブロンド美人のMollie King

彼女は腕についたマントでビルから飛び降りてもひらひら~っと着地することができて、なおかつ息で相手を吹っ飛ばせるくらいの肺活量の持ち主です。


ラストはRochelle Wiseman

彼女はアクセル全開の車さえも両手で簡単に受け止めしまうくらいの腕っぷしを持ってる様です。
もうこの人にいたっては特殊能力とはいえない、ただ単の怪力女です。





この記事を書くにあたってメンバーの名前覚えました~w

そろてぃ’s Personal Chart 11/14~12/14集計

そろてぃ’s Personal Chart 11/14~12/14集計
マークは視聴できるものです。




第1位 The Saturdays『Ego』

第2位 Lady Gaga『Speechless』

第3位 MiChi『ChaNge the WoRLd』

今月の1位はThe Saturdaysの『Ego』です。もともとアルバムの中でも好きな曲でしたが、公開された曲のビデオがアメコミヒーロー調の映像がめっちゃツボで再生回数も伸びました~!じぶんはすこぶる『Ego』というタイトルの曲と相性が良いようです。この曲のおかげでメンバーへの興味も若干わきました~w
新譜が多かった月でしたが、よく聞いたのはLady Gaga!どの曲もクオリティ高かったですね~。
そんでレンタルしたMiChiも気に入りました~!中でも3位の『ChaNge the WoRLd』はヤバかったです!!



第4位 Lady Gaga feat. Beyonce『Telephone』

第5位 Beyonce『If I Were A Boy』

第6位 Jay Sean『If I Ain't Got You』

第7位 Beyonce『Ego』

第8位 Girls Aloud『Whole Lotta Historey』

第9位 Beyonce『Sweet Dreams』

第10位 Cheryl Cole『Fight For This Love』

ここらへんの新譜と粘りの曲が混じってますねwとりあえず『Ego』と『Sweet Dreams』が飽きないww
GAの『Whole Lotta Historey』も粘ります!約2カ月間Girls Aloudを聞き続けてもやっぱり一番好きなのはこの曲でした~!そしてBeyonceの『If I Were A Boy』はやっぱり良い曲だな~と再確認。この曲何年たっても古びた感がでないクラシックな曲になるんじゃないかな~って思う今日この頃です。
ここで残念なお知らせがあります。
自分今までChryl Coleの『Fight For This Love』をずーっと『Fight For This Club』かと思ってましたw自分こういうミス多いんだよな~・・・Beyonceの『Single Ladies』の歌詞も最近まで間違って覚えてましたし





第11位 Jay Sean feat. Lil Wayne『Down』

第12位 Lady Gaga『Bad Romance』

第13位 Tinchy Stryder Feat. Amelle Berrabah『Never Leave You』

第14位 Trey Songs『Holla If Ya Need Me』

第15位 MiChi『KiSS KiSS xxx』

第16位 Lady Gaga『Alejandro』

第17位 MiChi『Why oh Why』

第18位 Girls Aloud『the Loving Kind』

第19位 Marques Houston『Stranger』

第20位 Girls Aloud『Miss You Bow Wow』

Tinchy Stryderの『Never Leave You』かなり好き!でもこの曲Tinchy Stryderが良いっていうより客演のAmelle Berrabahがいいんだよな~。19位はMarques Houstonのアルバムの中で一番好きな曲なんだけど、彼のアルバムはまんべんなく聞いてる!
今月は新譜が多かったので1位から20位まで再生回数の差もいつもほどなかったな~



Mamas Gun『Routes To Riches』

113.jpg


01 『House On A Hill』
02 『Rico』
03 『You Are The Music』

04 『Finger On It』
05 『Pots Of Gold』
06 『Chasing Down Shadows』

07 『Psycho Territory』
08 『Bitch』
09 『Let's Find A Way』
10 『Miracle』
11 『Big Betty』


バンド名をErykah Baduの『Mamas Gun』に衝撃を受け、名づけられたというMamas Gun。ジャケットからも分かるようにかなりアーティスティックな作品になってます。
まず日本でもよくかかってる『House On A Hill』これを聞くとやっぱりおなじUKのMIKAとかぶるなって思ってしまうwMIKAはポップで彼らはロックの要素も入ってるからジャンルは違うと思うんだけど、雰囲気がね
そんで次の『Rico』が一番アルバムの中で好きかな^^バンドサウンドがユーッタリ流れる感じがいいですね!
同じ系統の『You Are The Music』も好き!この曲をきっかけにアルバム買ったしねw曲もいいけどアートなビデオも見ごたえあります。
5曲目の『Pots Of Gold』もいいな~。このやさしく包まれているような温かい歌い方はErykah Baduを意識したのかな??寒い冬に妙に染みるバラードですね。CMとかのBGMにつかったらすごい雰囲気出そう!!
同じバラードなら『Chasing Down Shadows』も好きだな~^^これも今の時期にピッタリ!ボーカリストの歌声も哀愁たっぷりでいいです。バラードはNorah Jonesっぽいかもな(あんま聞いたことないけどw)・・そしてバラードの質が高いことでやっぱり国内盤買えば良かったと後悔w歌詞知りたいな~
そしてストレートなタイトル『Bitch』はカッコイイ!こういうのってジャンルなんなんだろ??スカでもないと思うし、ジャズロック!?・・・・とりあえずカッコイイですw
あとは『Let's Find A Way』は超気持ちいいですね!ユルいトラックに伸びのいいボーカルが脱力感

生バンドサウンド主体っていうのも聞きどころだけど、その中でもいろんなタイプの曲を用意してくれてるっていうのがすごいポイント高い!そして『Rico』と中盤のバラード2曲が凄く好きです^^メロディだけでなく世界観までが深くて印象良かったです。あとはやっぱこのコンパクトさが気に入ってます!




総評★★★★80点

Marques Houston『Mr. Marques』

026_20091112200101.jpg


01 『I Love Her feat. Jim Jones』
02 『Body』
03 『How I Do』

04 『Express Lane』
05 『Case Of You』
06 『Stranger』
07 『Say My Name』

08 『Letter』
09 『Sexy Young Girl』
10 『Date』
11 『Beautiful Woman』
12 『Restaurant』



まず第一にMarques Houstonって別にヒット曲でなくても結構すんなりアルバムだせるよね!?なんでだろ??ある一定の層にかなりディープなファンがいるのかなwwまぁそんなどうでもいい駄疑問はおいといてレビューします。
1曲目の『I Love Her feat. Jim Jones』は客演にラッパーがいる時点で前作の『Like This』みたいな感じになるのかな~なんて不安に思ってましたが、ちょう清涼なミッドソングになっていて一安心w・・・・いや一安心どころかこの曲好き!
そして先行の『Body』この曲100%エロいこと歌ってるんだろうな~って思いながらもゆったりと聞きこんでしまうwこういう曲調にMarques Houstonのファルセットはたまらんですわ~!
もう一個の先行シングル『How I Do』もイイ!!しっとりとしたメロディとサビの”ハワドゥー”の連呼がツボ!
お次の『Express Lane』はさわやかなシンセとオートチューン使いのボーカルと流行を取り入れた1曲。このアルバム自体スロウが主体になってるんでこういう曲はありがたいですね^^
次の『Case Of You』もいいな~!この曲だけではなくアルバム通して思うことだけどオートチューンの使い具合が絶妙ですね^^使用過多にならずに適度に曲のアクセントになってて良い!!
そして次の『Stranger』が最高~!これはささやくようなMarques Houstonの歌声も良いですが、とりあえずメロディが美しい!!!”美しいメロディ”訳して美メロ・・・・・まさにです!
そんでまた次の『Say My Name』もやばーーーーい!!じっくりと染み込むように耳に入ってくるメロディがいいね!夜に聞くとよりイイ!
次の『Letter』もファルセットで聞かせてくれますね~。こういうアコギで聞かせる系超好き!!
あとは『Beautiful Woman』も最高だね!個人的にMarques Houstonっていうとダンスとかより先にファルセットって印象が先にくるんですが、この曲ではそのファルセットが存分に堪能できます。そしてイントロが綺麗過ぎ!
ラストの『Restaurant』もなかなか良い。ラストをこういうさわやかな曲で終わらせるってのもいいね^^

このアルバムかなり好きだな~^^正直もっと色付けするお気に入り曲減らそうと思ったんだけど、厳選するのに時間かかりそうなんでそのままにしといたw
しかも全12曲っていう自分が求める黄金理想曲数!!もうほぼ全曲好きなんだけど、『Stranger』『Say My Name』『Letter』の3連はかなりヤバい。





総評★★★★☆89点

Lady Gaga『The Fame Monster』

982.jpg

01 『Bad Romance』
02 『Alejandro』

03 『Monster』
04 『Speechless』
05 『Dance In The Dark』
06 『Telephone』
07 『So Happy I Could Die』
08 『Teeth』


絶好調Lady GagaのThe Mosterをレビューします。
まずは本作からの先行『Bad Romance』から。この曲はじめ聞いた時は、安全牌な1曲くらいの印象だったんですが、さすが今をときめく歌姫は違いますね・・・・・イイ!毒のあるシャガレ声なボーカルもキャッチーなメロディもすべてがハイクオリティ!!
そんで次の『Alejandro』も最高!!てかこれかなりヒットポテンシャル高くない!?この曲シングルカットすべきだと思うな~^^つかしてほしいな~
あとあと『Speechless』もヤバーイ!!!これ超好き!!こういうバラードをLady Gagaのような乾いた歌声で歌われるとやばいな~。つかこの曲シングルなのかな?よくパフォしてるよね~。だとしたらビデオが楽しみだな~^^
そしてBeyonce客演の『Telephone』も外せないね~!これブリちゃんに提供して断られた曲らしいじゃん!確かにブリちゃんっぽいかも。どうでもいいことだけど、この曲の歌詞ってシチュエーションが『single Ladies』っぽいんだよね・・・・だからBeyonce客演なのかな?w

とりあえずこの4曲はやばいね~!他の曲も抜かりない感じで彼女の勢いを感じ取れる内容になってました^^





総評★★★★☆86点

Ginuwine『A Man's Thoughts』

407.jpg


01 『Interlude 1』
02 『Show Off』
03 『Trouble』
04 『Last Chance』

05 『Interlude 2』
06 『One Time For Love』
07 『Open The Door』
08 『Get Involved』
09 『Orchestra』
10 『Touch Me』
11 『Lying To Each Other』
12 『Even When I'm Mad』
13 『Bridge To Love』
14 『Used To Be The One』
15 『Show Me The Way』


昔はUsherのライバルだったらしいR&BシンガーのGinuwine。Aaliyahらと共にTimbalandファミリーってことでも有名ですよね。自分は彼が人気だった時は洋楽聞いてなかったし、一応過去作の『The Bachelor』を持ってますが、新作で買うのはもちろん今作がはじめてです。
その今作ですが、Interlude 1おわりの『Show Off』から最高でしたね^^というかこの曲が今のところアルバムの中で一番好きです。イントロのピアノソロから音が2転3転する感じがツボ!3分ちょいでさらっと聞けるコンパクトな感じも良いし
次の曲『Trouble』もかなり好き!ユル系のR&Bでゆったりと脱力感にひたれますね~。その一方でGinuwineの歌声は聞き応えはあるしクオリティ高い1曲
そんで先行シングルの『Last Chance』は前曲の楽観さとは正反対に悲しげな世界をもったバラード。でも重っ苦しさは全くなくて何回聞いても飽きないライトな感じでR&Bチャートでロングヒットしたのも納得ですね^^大好きです!
『One Time For Love』も好きだな~!こういう熱唱なバラードも高品質ってアルバムとしてかなりポイント高し!よくあるじゃん!本人は熱唱してるけど曲自体が微妙なパターン。この曲にそんな悲しいオチはありませんw
そっからもある程度のクオリティを保ちながらつないで『Even When I'm Mad』がやばい!この曲イントロから惹かれた^^特に曲に盛り上がる展開があるわけでもない、一定のテンションでメロディが進んでいくバラードなんだけどすごく好き
そしてお次はBrandy客演の『Bridge To Love』これはシンプルなトラックなだけにBrandyの素晴らしい歌声が際立ってますね^^John Legendの客演曲でも思ったけど、Brandyにはシンプル曲すらも彩る歌声があるんだな~ておもった
ラストを飾る『Show Me The Way』もいいな~。この曲もイントロから引きこまれるね^^サビとかただタイトルを連呼してるだけ普通のバラードなんだけど、なんかその普通っぽさが普通に良い

このアルバム第一印象からかなり印象良かったな~^^何気にアップ曲も1曲だけだしスロウ曲で固めた構成がすごく良かった。それでいて1曲1曲が重たくなくて以外にさらっと気軽に聞けるし、買ってよかったな~って思ってます!





総評★★★★☆88点

Beyonce 『I Am... Yours: An Intimate Performance At Wynn Las Vegas』

Beyonce-I-Am-Yours-Official-Album-Cover.jpg


01 『Hello』
02 『Halo』
03 『Irreplaceable』
04 『Sweet Dreams Medley』
05 『If I Were A Boy』
06 『Scared Of Lonely』
07 『That's Why You're Beautiful』
08 『Satellites』
09 『Resentment』
10 『Deja Vu Jazz Medley』
11 『Deja Vu』
12 『Tap Sequence』

13 『I Wanna Be Where You Are』
14 『Destiny's Child Medley』

15 『Work It Out』
16 『03 Bonnie & Clyde』
17 『Crazy In Love』
18 『Naghty Girl』
19 『Get Me Bodied』
20 『Single Ladies(Put A Ring On It)』




収容人数1500人というBeyonceのようなトップスターから考えたら極端に少なさからも分かるよう、Beyonce自身ファンとの一体感を極限までに感じたいとのことで作られた3日間だけの貴重な特別ステージ『I Am... Yours: An Intimate Performance At Wynn Las Vegas』についてレヴューしようと思います。
まずコンセプトでもファンと距離を感じるためなのかなんの派手な演出もなくステージとは反対の通路から登場し、観客と握手を交わしながらオープニング曲の『Hello』を披露。この曲は埼玉行った時も感じましたが、Live映えする曲ですね。CD音源そのままの迫力溢れる歌声・・いや音源以上にダイナミックな歌声を披露してくれもう1曲目からヤバい!って思わされますね
そしてヒット曲『Halo』『Irreplaceable』を披露し『Sweet Dreams』をアコースティックVer.で披露。メドレーってこともあり~『Dangerously In Love』~Anita Bakerのカバー『Sweet Love』と聞かせてくれます。この中でもカバーの『Sweet Love』が格別に気持ちいい!!やっぱPOPを歌うBeyonceもいいけどこういうBeyonceもいいよね~^^カバーでさえ自分のものにしちゃうんだからすごい
その後は自分の大好きな『If I Were A Boy』!!自分はEssence Music Festivalの時のアレンジがすごく好きなんですが、その時とほとんど一緒のアレンジで大満足!!メイキングを見てると「ギターよりピアノの方がいいかも」なんていってましたが、この曲はやっぱロックぽさがなきゃ駄目だね^^
そんでアルバムのサーシャサイドのトリを飾る『Scared Of Lonely』を歌ってくれます!この曲ツアーではやってないんだよねー!ありがたやーwダンサーさん達のエモーショナルなダンスとBeyonceの完璧な歌声で見ごたえたっぷり。もはやミュージカルショウ!この曲アルバムの中では結構自分のランクの中では下の方なんだけどこのパフォはかなり好きです。
お次のレアliveですね!!I Amサイドのトリを務めている『That's Why You're Beautiful』巷では大不評なこの曲ですが自分はこの曲すごく好きなんですよね。なんかすごく素朴だし歌詞もすごくいいし・・・・聞けて凄くうれしかったです。
そしてなんと『Resentment』も歌ってくれるんです!!この曲ははじめはどうでもいい曲だったんですけど、『I Am...』サイドを聞いて、この曲に対する評価も変わり今ではすごく好きなんですよ。”彼氏のたった一度の過ちを許せずに今では疑惑ばかりを考えてしまいあなたを信用なんてできない。昔はあんなにも容易く愛することができたのに・・・・あなたが嘘をついたばかりに 私はこれからずっとこの気持ちを抱えて生きていくことになる あなたの浮気止めることができなかった浮気相手のようにあなたを喜ばせることができない駄目な女だったって・・・・あなたの嘘がすべてを犠牲にしたの”っていうなんてことない歌詞なんだけどこの普遍的な感じが好きかも。目の前に観客がいる中に腰かけ感情的に歌う光景のすごくいいし、なにしろLiveで聞くと数段いい!
そしてBeyonce自身の尊敬するシンガーをあげ、挑戦状をたたきだしJazz Medleyへと映るんだけどここもいい!Beyonceもいいんだけどダンサー3にんによるタップダンスパフォがものすごくカッコイイw衣装チェンジの間も観客を飽きさせない。これってもうliveアーティストとしての必須条件になりつつありますよね
着替えを終えステージは第二部へ移り、ここからはBeyonce軌跡をふりかえりつつヒット曲をパフォしていく構成へ。まずはシンガーを夢見た幼少時代にはじめて覚えた曲だというジャクソン5の『I Wanna Be Where You Are』のカバーを披露。曲・歌共に完璧だしモータウン的紳士的なダンスもさらさらっとやれちゃうとこにもグっときますね!てかもう次のアルバムカバーアルバムでもいいよw
そしてレコード会社への契約の道をエンターテイメントな演出で語り、そこからはご存じDestiny's Childのヒット曲をどんどん披露してくれます。メンバー脱退の悲劇もさらけ出し、Destiny's Child時代があってこそのBeyonceだってことはBeyonce自身が一番よく分かっているんだなと感じさせてくれます。
そしてオースティンパワーズの『Work It Out』をパフォしてくれるんですが、これがまたいい!曲自体特別好きではないんですが、ステージ・バンド環境からかものすごくこの曲に合ってるんですよね~。この曲はセットリストにいれて大正解ですね
お次はJay-Zのおのろけを聞き、大ヒットの『Crazy In Love』を歌ってくれるんですが、これがじらすじらすwwこのじらしがもどかしいんだけど、ためたじらしが曲が始まった瞬間に爆発する感覚がとても気持ちいい!これはこの曲のイントロがすさまじいインパクトを持ってるから
お次の『Naughty Girl』はツアーと同じアレンジだったんですけど、観客との絡みがおもしろかったです^^マイク向けられたアリーシャさん良かったですわ~wこういう時に恥ずかしがらないで堂々と歌えるのってすごくかっこいいよね!なんか2回目とかフェイクいれてくるしw
そして『B'Day』からは『Get Me Bodied』を披露。これは見せ方がおもしろかったです。照明はBeyonceの顔だけにあてあとは観客からは逆光のためにダンサーとBeyonceの首から下までのシルエットが黒くクッキリ浮きあがっているって不思議な光景。曲時代もシンプルな音使いになっていていつもと違う『Get Me Bodied』でした~
ラストは『Single ladies』!この曲の盛り上がりはもはや鉄板!曲自体は決してLive向きのテンションあがるってかんじだはないのにここまで盛り上がるのはこの曲の支持が厚いからなんだろうな~って感じました

メイキングも見ごたえたっぷりで鬼のBeyonceが見えますw
ちょっと恐いけど、ここまで徹底しなかったら完璧なものはできないだろうしね・・・・・恐れ入りました。



総評★★★★★96点
でもまだLive In Atlanta越えではないです。

 | HOME | 

Today's Power Play!!!

「Satellites」
冬の夜空と一緒にこの曲を・・・

プロフィール

そろてぃ

Author:そろてぃ
好きな歌手:Destiny's Child(Beyonce・Kelly・Michelle)・Monica・SWV......詳しくはココ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ヘビロテ!!!

73q0.jpg

Next Review

未定

FC2カウンター

サーチ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

暇あったら押してみて下さい↓↓

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。