Beyonceと音楽日記

自分が持っているCDをレヴューしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Diddy feat. Nicole Scherzinger『Come To Me』



そんな古い曲にも感じないけど、結構前の曲ですよね。
極端にハマった覚えもなくて、適度に聞いてた。
でも今聞いてもカッコイイ曲だなって思えます
逆に『Last Night』とか聞き過ぎて”懐かしい”っていうのが先にくるw
(まぁこんなん言っといてLast Nightのが好きだけどw)

思えばこの時がNicoleの絶頂期だったような・・・・
PCDで大成功して、これからソロでも!!みたいな勢いを感じたよね
でもこの後出すシングルがもれなくコケて結局ソロデビューはできず仕舞いだし、客演曲もこの曲以外ヒットしてないし、どちらかというと”負”オーラが強くなっていきましたよね

ただしPCDで再活動すると、以前ほどではないけど人気も取り戻し
めでたしめでたしとおさまるかと思いきや・・・・

なんかNicole以外のメンバーは全員やめちゃったらしいww


メロディのいないPCDなんて自分はもう全く興味なーーし!
つかそもそもNicoleそんな好きじゃなかったw

ここでNicoleがソロしようってなっても十中八九で失敗してたよね
だってPCDの魅力はダンスのエンターテイメント性だし
本人もそれを分かってか、すでにダンススキルある新メンバーを加入させてるみたいだけど・・・・・
どちらにしてもそんな魅力感じないな
一人辞めて一人加入を繰り返しとかじゃなくて一気に総入れ替えだからねww
そりゃ辞めたメンバーへ「かわいそう」って思いがいくのも当たり前だよね^^;


あれ?なんかこの記事の企画と主旨が違う???ww


blogで宣伝
スポンサーサイト

SugaBabes 『Catfights And Spotlights』

510.jpg


01 『Girls』
02 『You On A Good Day』
03 『No Can Do』
04 『Hanging On A Star』
05 『Side Chick』
06 『Unbreakable Heart』
07 『Sunday Rain』
08 『Every Heart Broken』

09 『Beware』
10 『Nothing's As Good As You』
11 『Sound Of Goodbye』
12 『Can We Call A Truce』



率直に言います。
SugaBabesのアルバムの中で一番好きです!
まだ2nd持ってませんがおそらくコッチのが好きです

まずアルバムは先行曲の『Girls』から幕を開けます。当時流行ってたレトロなバンドサウンドをSugaBabesが乗りこなすわけなんですが、普通にアリです。
3曲目までこの路線は続き、4曲目の『Hanging On A Star』が超キャッチーな4つ打ち!なんかアルバムへ抱いていたイメージと違う。

ただこのアルバムの真骨頂はここからです。
次の『Side Chick』が素晴らしくカッコイイ!R&Bを軸としたトラックなんですが、やっぱ肝になるのはKeisha。彼女のボーカルはとても柔軟性があってどんな曲にもあいますね。
ただ後半のAmelleパートも曲がすこし単調な分とても良いアクセントになってます。
そんで『Sunday Rain』超好きー!Amy Winehouseっぽいトラックを3人構成のガールズグループが歌うってだけで興奮するんですが、やっぱりこの曲の聞きどころはKeishaの後半のフェイク!彼女ホント歌が上手いですね。Keishaのフェイクはこの曲というかこのアルバムの聞きどころでもある。
次の『Every Heart Broken』も大好きなんですが、やっぱ耳を奪われるのはKeishaだったwwヴァース部分のKeishaパートが凄く好き。抑揚の付け方が絶妙っす
『Nothing's As Good As You』は冒頭のHeidiパートが素敵です。オルタナティブっぽいサウンドに唾液や舌の動きの音まで拾ってしまうくらいの生生しいボーカルがカッコイイ!そして反対に乾いた歌声のAmelleもグッジョブ!

そんでそんで!
『Sound Of Goodbye』が個人的な神曲です。オルタナティブっぽい暗いバラードなんだけど、この曲をそれぞれ特徴を持ったボーカリスト3人がパートを割り振って歌う。・・・
神だw
冒頭Heidiの曲に合わせた喪失感あるボーカルから引きこまれるんですが、パートが少ないながらも確実にオイシイ所を持っていってるAmelleパートでニヤッとして、やっぱりラストのkeishaのフェイクで鳥肌。素晴らしい!
SugaBabesのなかで一番好きです。

あと『Can We Call A Truce』も好きだよ!ストリングスの効いたあったかいバラード。このアルバムの中では一番哀愁あるね

すごく大好きな曲がいっぱいあるんだけど、若干前半4曲と『Side Chick』から後ろの曲が分離してる気がしなくもない。
別に前半の曲もすごく良いんですよ!でもすこしこのアルバムには違和感がある気もする(ってことで前半の曲には色付けしてません)
ジャケットや後半の曲に合わせたゴシックな雰囲気を前半の曲でも出せてたらなーって(厳しい!?w)
『Hanging On A Star』とか曲としてはすごく好きなんだけど、このアルバムにはいらなかったかなっとも思う。
でも『Side Chick』から後ろはパーフェクト!!
超好きです!!



★★★★


blogで宣伝

Marina & The Diamonds 『The Family Jewels』

324.jpg


01 『Are You Satisfied?』
02 『Shampain』
03 『I Am Not A Robot』
04 『Girls』

05 『Mowgli's Road』
06 『Obsessions』
07 『Hollywood
08 『The Outsider』
09 『Hermit The Frog』
10 『Oh No!』

11 『Rootless』
12 『Numb
13 『Guilty』


とりあえず、すごい歌い方してますよ。
多くのシンガーが幼い頃から音楽に囲まれて有名シンガーに影響受けたと語るのに対し、彼女は思春期にほぼ音楽なしで育ったそうです。だからこそこんな独創的な歌い方になるのかな?
自分はよく日本の新人歌手とかが、コアな趣味の洋楽を”小学校の頃から聴いて育ちました”みたいなオシャレ感ある、ませたエピソードとかを聞くと「ホントかよ」とつぶやきながらグーパンチ喰らわしたくなるんですが、そういった意味ではすごく彼女には好感が持てました(好感を持つ前にその曲がった根性どうにかしろって感じですよねw)

本編についてですが、まずなんといっても『I Am Not A Robot』ですよね!他のブロガーさんにも人気だし彼女自身も一番好きな曲だそうです。独特の歌い方にジャンルにとらわれないメロディセンス。サビでのキツく縛られていたものから解放されたかのような音の広がりは彼女にしかだせない空間ですね。
一発目の『Are You Satisfied?』と先行曲の『Hollywood』も同じような魅力を感じます。こんな歌い方なのにしつこく感じないのは曲と完全に融合してるからでしょうね。おそらくこれらの曲を他のシンガーが歌おうともMarinaが歌ってしまった以上、物足りないどころじゃ済まされそうないですw

次点では『Girls』かなー。曲も良いけど歌詞から読み取れる彼女の人間性が素敵です。「私が女の子と仲良くなれないのはカロリーの話とかになるたびに寝ちゃうから」そういう女性が良いと思いますw
あと『Hermit The Frog』『Oh No!』 も!
バラードでは『Numb』の神秘性も良いっす。こんな曲ほんと彼女のアルバムじゃなきゃ聞けないと思う
というかすべての曲から彼女の独創性を感じます。

ヒットチャートをかけのぼるラジオでもクラブでもかかりまくるような曲とは完全に一線を画してますね。
だからといってただ単にクセものっていう紹介の仕方も語弊があるし・・・
というのは多分彼女はこの路線や歌い方をキャラ作りと考えていないんじゃないかなって思うんです。自分の素直にやりたいことであって、ある意味成り行きでたどりついた作品になんだろうなー




★★★☆


blogで宣伝

そろてぃ’s Personal Chart 4/15~5/14集計

そろてぃ’s Personal Chart 4/15~5/14集計
マークは視聴できるものです。




第1位 Timbaland feat. Katy Perry『If We Ever Meet Again』57

第2位 MiChi『WoNDeRLaND?』42

第3位 Lady Gaga Feat. Beyoncé『Telephone』35

Timbalandが1位とか笑えるw
でも月間再生回数57回ここ数カ月のなかでは一番高い数字です。とにかくアルコールが入るとこの曲で再生ボタンを押してしまいますww自分はお酒を飲みながらこの曲を聞き、無性に地元にいる友達と会いたくなり先日連休をもらい短い期間でしたが帰省してまいりました^^
2位のMiChiの曲はここ最近で聞いた邦楽の中で一番良いんじゃないかなーって思ってます。聞けば聞くほど好き度が増してきてます!!曲の細部まで音使いがユニークでカッコイイ!!
Telephoneはもうなんか飽きないww






第4位 MiChi『All about the Girls ~いいじゃんか Party People~』34

第5位 Marina & The Diamonds『I Am Not A Robot』33

第6位 Reni Lane『Let Me Go』29

第7位 SugaBabes『Sound Of GoodBye』26

第8位 Marina & The Diamonds『Hollywood』25

第9位 Marina & The Diamonds『Girls』23

第10位 Marina & The Diamonds『Are You Satisfied?』23


MiChiのニューシングルも聞きましたー!抜かりなしって感じでカップリング曲を含めクオリティ高かったです^^
そしてこのTop10内で注目してほしいのがSugaBabesの『Sound Of GoodBye』
集計期間2日間という短い期間の中でものすごい勢いでこの位置に喰いこみました。
いやーこの曲神だと思うんです・・・・・くわしくはアルバムレビューにて吐きだしたいと思いますw
そしてアルバムの月間再生回数では一番のMarina & The Diamondsはアルバム全体的に聞きこませていただきました。
名作!!・・とまでは思いませんでしたがとても良くできていたアルバムでした。来週にはアルバムのレビュー記事も書きたいと思ってます。







第11位 MiChi『Together again』21

第12位 Reni Lane『You Are Here』21

第13位 Electrik Red『Devotion』19

第14位 Reni Lane『Never Stop』17

第15位 MiChi『dance DANCE!』17

第16位 Raheem DeVaughn『Black & Blue』17

第17位 Marina & The Diamonds『Oh No!』17

第18位 Marina & The Diamonds『Shampain』17

第19位 Reni Lane『Place For Us』16

第20位 Raheem DeVaughn『My Wife』16

前回の集計とまたいでしまったためReni LaneRaheem DeVaughnはTop20にちょこちょこ入るくらいの低位置です。でもちゃんと聞きこみましたよ^^
そしてそして!!3位のTelephoneをカウントしなければついにBeyonceがランキングからいなくなってしまいましたー
姉さん 事件です。
まぁ『If I Were A Boy』が再生回数16回ですぐそこって位置にいるんだけど、それでもこれまで確実にBeyonceがいたランキングなので寂しくもあります。



blogで宣伝

MiChi 『UP TO YOU』

257_20091207221423.jpg


01 『MadNesS Vol. 1』
02 『PROMiSE』
03 『ChaNge the WoRLd』
04 『Why oh Why』
05 『HEy GirL』
06 『KiSS KiSS xxx』
07 『RaiN』

08 『Oh Oh...』
09 『Something Missing』
10 『One of a Kind』
11 『WoNDeRLaND?』
12 『Shibuya de Punch』
13 『YOU』
14 『UP TO YOU』


このところめっきり聞かなくなった邦楽なんですが、最近MiChiにハマっている自分がいます。ハマるきっかけになったのがこちらのアルバム。

もともとデビュー曲の『PROMiSE』は好きだったんですよ。auのCM曲として起用され彼女の名が一気に知れ渡ったきっかけの曲です。流行りのエレクトロにロック要素を混ぜ込んだ独創的サウンド!そりゃ音だけでカッコイイですよ!でもこの曲ってそういう表面的なカッコよさより奥の切なさ的な面のが好き。こんな電子音だらけの曲で感傷的になれるとは・・・そんな世の中になりましたか
そして他のシングルに関しも文句のつけようがないですね!
ポジティブなメッセージに自らの音楽スタイルを崩さずにPOPさを前面に押し出した『ChaNge the WoRLd』これはホント元気をもらえます。
『KiSS KiSS xxx』前シングル2曲の中間をいくように『ChaNge the WoRLd』ほどPOPじゃないけど『PROMiSE』ほど尖がってない。でも曲の完成度は一番この曲が高い気がする
『YOU』はなんてことないバラード。でも素朴なバラードってやっぱ好きなんですよw

アルバム曲へ目を向けると一番はじめに印象が残るのは『Why oh Why』なハズですwとにかく音も歌詞もエッジが効いてておもしろい。でもこれ世間が求める女性の理想像への反発というメッセージをあえて”おもしろおかしく”歌ったそうです。・・・発想がカッコイイw
そんでそんで『WoNDeRLaND?』がサイコー!邦楽久々の神曲です!アホっぽいイントロからコミカルなVerse。POPではじけてるんだけどなんか切ないサビ・・・・・・揃ってるね。要素揃ってますよw
このアルバムのなかで1番すきな曲です。東京へのとまどいとかをつづった歌詞も好き
あと『RaIN』も好き!雨ソングって今までどれだけ切ないかっていうのを求めてて、この曲はどちらかというとおちゃらけていたのではじめはスルーしてたんですが、何回か聞いてくと普通にアリにwアコギでゆったりとしててこれはこれで雨っぽいよね。
『HEy GirL』は曲の持つリズムとユニークな音使いが好き^^


他の曲もおもしろい&カッコイイ!!
1枚通して聞いてもかなりアクの強い曲ばかりなのにしつこさがないです。本人がこのアルバムへの思いを語っている動画を見ましたが、すごくこのアルバムに自信を持ってますね。
きちんと思いの強さを感じることのできるアルバムです。音の面白さだけを追求してるようにみせて中身の細部まで練りこまれている。
聞けば聞くほど愛情がわきます




ほんとは『WoNDeRLaND?』を貼りたい!!でもYOUTUBEにない^^;


★★★★



blogで宣伝

Raheem DeVaughn 『The Love & War MasterPeace』

590.jpg



01 『Dr. Cornel West Intro』
02 『Bulletproof』
03 『The Greatness』
04 『I Don't Care』
05 『Black & Blue』
06 『Mr. Right』

07 『Dr. Cornel West Interlude』
08 『Fragile』
09 『My Wife』
10 『B.O.B.』

11 『Bedroom』
12 『Microphone』
13 『Garden Of Love』
14 『Dr. Cornel West P.S.A.』
15 『Nobody Wins A War』
16 『Revelations 2010』


全体的には良い感じなんだよ^^でも曲数多いかな~。しかもラスト周辺の曲が5分・6分・7分越えのクセもの共が連ねていて1枚聴くにはすこし疲れるかなってのも感じた
でも単曲のレベルの高さには少しビビったww

まず『Black & Blue』なんだけどヤバ過ぎやしないかい!?wコレ超好きなんだけど!
サビとかメロディアス極まりない感じでたまんないね。自分が求めるスロウジャムと合致しちゃってます
あと『My Wife』とか同じ理由で好きかな。前曲に比べるとサッパリというかさわやかな感じで夏のクーラーと相性が良さそう。サビの曲名連呼のトコは中毒性高し。
とりあえずこの2曲が突出して好きかな
さわやかっていうと『I Don't Care』もなかなか^^つーか店頭試聴時はこの曲が一番良く感じた。
あと先行曲の『Bulletproof』もイイね。なんかJBっぽいソウルって感じでキャデラックレコーズのサントラCDとかに入ってそう!でも今っぽくもあるよね。じゃなきゃハマらないと思うし
『B.O.B.』はしっとり・じっくり聴かせてくれるスロウなんだけど、適度な軽さっていうか浮遊感もあって退屈感がない。好きッす
『Mr. Right』はすごくオーソドックスで聴きやすい^^結局R&Bにはオーソドックスな作品を求めてるとこあるしね
あと『Fragile』ね。これも比較的オーソドックスなんだけど歌い方が好き!
最後に冒頭でもすこし紹介した6分越えのクセもの『Garden Of Love』かなーり濃厚なR&Bが6分越え。すこし疲れそうな気がしないでもないけど実は逆w夜ふとんの中に入った時に聞くとあまりの脱力感に即寝しちゃいますよ(でもそれって褒め言葉なのかな・・・)

ってまーいろいろ書いたけど、曲は好きなんだけど1枚通して聴くのは正直疲れるっていうのが簡潔な感想かな。
最近コンパクトなアルバムになれちゃって収録内容が分厚いアルバムに抵抗がなかったっていうのもあるんだけどさ・・
でも普通に好きだよ^^





★★★☆



blogで宣伝

Beyonce 『Why Don't You Love Me』

なんか『Why Don't You Love Me』のビデオを作るみたいですよー

"Why Don't You Love Me" - Sneak Peek from Beyonce on Vimeo.



まぁシングルの曲選は置いといて(一番重要なとこw)映像はおもしろくなりそうです^^
なんかアギレラのCandy Man時みたいな衣装!
あの激しい曲調とこの公開された映像がどうも組み合わさるイメージがわかないんだけども、アルバムのプロモーションもほぼ終わってますし
最後のおまけ的な感覚で期待しています!


でも『Smash Into You』『Disappear』『Radio』とかシングルカットされてない大好きな曲まだいっぱいあるのに・・・・・・・
なんでこの曲なんだ!?w

 | HOME | 

Today's Power Play!!!

「Satellites」
冬の夜空と一緒にこの曲を・・・

プロフィール

そろてぃ

Author:そろてぃ
好きな歌手:Destiny's Child(Beyonce・Kelly・Michelle)・Monica・SWV......詳しくはココ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ヘビロテ!!!

73q0.jpg

Next Review

未定

FC2カウンター

サーチ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

暇あったら押してみて下さい↓↓

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。