Beyonceと音楽日記

自分が持っているCDをレヴューしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SugaBabes 『Catfights And Spotlights』

510.jpg


01 『Girls』
02 『You On A Good Day』
03 『No Can Do』
04 『Hanging On A Star』
05 『Side Chick』
06 『Unbreakable Heart』
07 『Sunday Rain』
08 『Every Heart Broken』

09 『Beware』
10 『Nothing's As Good As You』
11 『Sound Of Goodbye』
12 『Can We Call A Truce』



率直に言います。
SugaBabesのアルバムの中で一番好きです!
まだ2nd持ってませんがおそらくコッチのが好きです

まずアルバムは先行曲の『Girls』から幕を開けます。当時流行ってたレトロなバンドサウンドをSugaBabesが乗りこなすわけなんですが、普通にアリです。
3曲目までこの路線は続き、4曲目の『Hanging On A Star』が超キャッチーな4つ打ち!なんかアルバムへ抱いていたイメージと違う。

ただこのアルバムの真骨頂はここからです。
次の『Side Chick』が素晴らしくカッコイイ!R&Bを軸としたトラックなんですが、やっぱ肝になるのはKeisha。彼女のボーカルはとても柔軟性があってどんな曲にもあいますね。
ただ後半のAmelleパートも曲がすこし単調な分とても良いアクセントになってます。
そんで『Sunday Rain』超好きー!Amy Winehouseっぽいトラックを3人構成のガールズグループが歌うってだけで興奮するんですが、やっぱりこの曲の聞きどころはKeishaの後半のフェイク!彼女ホント歌が上手いですね。Keishaのフェイクはこの曲というかこのアルバムの聞きどころでもある。
次の『Every Heart Broken』も大好きなんですが、やっぱ耳を奪われるのはKeishaだったwwヴァース部分のKeishaパートが凄く好き。抑揚の付け方が絶妙っす
『Nothing's As Good As You』は冒頭のHeidiパートが素敵です。オルタナティブっぽいサウンドに唾液や舌の動きの音まで拾ってしまうくらいの生生しいボーカルがカッコイイ!そして反対に乾いた歌声のAmelleもグッジョブ!

そんでそんで!
『Sound Of Goodbye』が個人的な神曲です。オルタナティブっぽい暗いバラードなんだけど、この曲をそれぞれ特徴を持ったボーカリスト3人がパートを割り振って歌う。・・・
神だw
冒頭Heidiの曲に合わせた喪失感あるボーカルから引きこまれるんですが、パートが少ないながらも確実にオイシイ所を持っていってるAmelleパートでニヤッとして、やっぱりラストのkeishaのフェイクで鳥肌。素晴らしい!
SugaBabesのなかで一番好きです。

あと『Can We Call A Truce』も好きだよ!ストリングスの効いたあったかいバラード。このアルバムの中では一番哀愁あるね

すごく大好きな曲がいっぱいあるんだけど、若干前半4曲と『Side Chick』から後ろの曲が分離してる気がしなくもない。
別に前半の曲もすごく良いんですよ!でもすこしこのアルバムには違和感がある気もする(ってことで前半の曲には色付けしてません)
ジャケットや後半の曲に合わせたゴシックな雰囲気を前半の曲でも出せてたらなーって(厳しい!?w)
『Hanging On A Star』とか曲としてはすごく好きなんだけど、このアルバムにはいらなかったかなっとも思う。
でも『Side Chick』から後ろはパーフェクト!!
超好きです!!



★★★★


blogで宣伝

Marina & The Diamonds 『The Family Jewels』

324.jpg


01 『Are You Satisfied?』
02 『Shampain』
03 『I Am Not A Robot』
04 『Girls』

05 『Mowgli's Road』
06 『Obsessions』
07 『Hollywood
08 『The Outsider』
09 『Hermit The Frog』
10 『Oh No!』

11 『Rootless』
12 『Numb
13 『Guilty』


とりあえず、すごい歌い方してますよ。
多くのシンガーが幼い頃から音楽に囲まれて有名シンガーに影響受けたと語るのに対し、彼女は思春期にほぼ音楽なしで育ったそうです。だからこそこんな独創的な歌い方になるのかな?
自分はよく日本の新人歌手とかが、コアな趣味の洋楽を”小学校の頃から聴いて育ちました”みたいなオシャレ感ある、ませたエピソードとかを聞くと「ホントかよ」とつぶやきながらグーパンチ喰らわしたくなるんですが、そういった意味ではすごく彼女には好感が持てました(好感を持つ前にその曲がった根性どうにかしろって感じですよねw)

本編についてですが、まずなんといっても『I Am Not A Robot』ですよね!他のブロガーさんにも人気だし彼女自身も一番好きな曲だそうです。独特の歌い方にジャンルにとらわれないメロディセンス。サビでのキツく縛られていたものから解放されたかのような音の広がりは彼女にしかだせない空間ですね。
一発目の『Are You Satisfied?』と先行曲の『Hollywood』も同じような魅力を感じます。こんな歌い方なのにしつこく感じないのは曲と完全に融合してるからでしょうね。おそらくこれらの曲を他のシンガーが歌おうともMarinaが歌ってしまった以上、物足りないどころじゃ済まされそうないですw

次点では『Girls』かなー。曲も良いけど歌詞から読み取れる彼女の人間性が素敵です。「私が女の子と仲良くなれないのはカロリーの話とかになるたびに寝ちゃうから」そういう女性が良いと思いますw
あと『Hermit The Frog』『Oh No!』 も!
バラードでは『Numb』の神秘性も良いっす。こんな曲ほんと彼女のアルバムじゃなきゃ聞けないと思う
というかすべての曲から彼女の独創性を感じます。

ヒットチャートをかけのぼるラジオでもクラブでもかかりまくるような曲とは完全に一線を画してますね。
だからといってただ単にクセものっていう紹介の仕方も語弊があるし・・・
というのは多分彼女はこの路線や歌い方をキャラ作りと考えていないんじゃないかなって思うんです。自分の素直にやりたいことであって、ある意味成り行きでたどりついた作品になんだろうなー




★★★☆


blogで宣伝

Reni Lane 『Ready』

a99070606ff751bd1adf66a5d3278bc5.jpg



01 『Place For Us』
02 『You Are Here』

03 『We Don't Forget』
04 『Runaway Train』
05 『Even You』
06 『Drive』
07 『Never Stop』
08 『Let Me Go』

09 『Never Be Another You』
10 『Call』
11 『Ready』


Christina Aguileraらのプロデュースで知られるLinda Perryが送り出すロックシンガーのReni Laneのアルバム。
ロックって言ってもポップとオルタナティブのちょうど中間をいくような独特のかっこいいサウンドが揃ってます。
(ちなみにKe$haと迷ったすえにこのアルバムを購入)

でもそんなかっこいい曲達の中で際立っているのが2曲目の『You Are Here』すごく素朴な優しいミッドバラードで歌いだしからすぐに引きこまれましたね。1曲目の荒々しい『Place For Us』もかっこいいけど良い意味で『You Are Here』の引き立て役になってる感じ。全く雰囲気の違う2曲ですがこの2曲の流れがものすごく好きです。
あと『Runaway Train』も好きだな~。これもかなり素朴な感じだけど、歌い方が好き。なんか疲れてるっていうかあえて活き活きと歌わないのが曲の雰囲気と合ってる。
『Drive』は教科書ロックに聖歌みたいな高音コーラスを重ねたりして”ちょっと基本に一癖つけて遊んでみました”みたいな感じがカッコイイ!
そしてこのアルバムで一番のインパクトを放つデジタルロックの『Never Stop』がおもしろい!ハウスっぽいチープな電子音をバックに歌い、一回目のサビで一気にシリアスな世界観へと180度異なる展開するところがものすごくカッコイイ!!
次の『Let Me Go』もすごく好きなんだよなー。ColdPlayっぽい静かなオルタナティブロック的バラードなんですが、ホントこういうバラードってBeyonceの「I Am...」が無かったら絶対良さに気付いてないと思う。単曲なら一番この曲が好きかなー
そして『Ready』がラストにピッタリ!!いい具合におちゃらけていて若干暗めのアルバムを雰囲気を和ませてますね。変にラストにバラードを持ってこなかったところが正解というか・・・後味スッキリw

全11曲というコンパクトな内容に加え、統一感も高いのでアルバムを通し聞きするのが楽しい。はじめは単調な印象もあったんだけど聴きこむことで奥行きも出てくるし個々の曲の存在感もつかめてくる
雰囲気で聞いていたのがいつの間にか全曲メロディ覚えてたみたいな・・
とても良いアルバムでした。



(他の曲紹介したいけどYOUTUBEに彼女の曲ちょっとしかない^^;)


★★★★

Leona Lewis『Echo』

350.jpg



01 『Happy』
02 『I Got You』
03 『Can't Breathe』
04 『Brave』
05 『Outta My Head』
06 『My Hands』

07 『Love Letter』
08 『Broken』
09 『Naked』
10 『Stop Crying Your Heart Out』
11 『Don't Let Me Down』
12 『Alive』
13 『Lost Then Found』


悩みに悩んだ作品。去年のリリース当時もなんとなく欲しいな~なんて思ってましたが、その後に段々欲しい度が増していき2月に購入。こんなに購入まで慎重になったのも久しぶりでした
まず先行の『Happy』から。まぁ彼女らしいっちゃらしい普通に良いバラード。ありきたり過ぎて確かにヒットはしなかったかもしれないけど、自分はすごく好きだな~。ビデオも凄くすきです。
そして何度も購入前に試聴を繰り返していたんですがその時点で一番印象に残っていたのが『Can't Breathe』まずはイントロがカッコイイですよね!心が洗われるような清涼感タップリのバラード。息ができないどころか深ーい深呼吸ができそうな1曲
アルバムのなかでひと際目立っているのは『Out My Head』優等生が歌うダンストラックもなかなか!・・・・というより超イイ!単純にトラックが良いっていうのもあると思うけど、レオナの声に合ってますよね^^
次の『My hands』はもう安心感wてっきりRyan Tedderかと思いきや違うようです。サビで壮大になる構成が『Happy』に似てますね。
そしてちょっぴりロック色の入った『Love Letter』も好き!同じちょいロックさわやか路線だと2ndシングルの『I Got You』もありますが自分はコッチ派かなー
あと『Alive』のようなダークな世界観で最後の訴えかけるように歌う感じも好きかな。


全体的にバラードで構成されながらも系統の違う曲をバランスよく配置したり中盤には異色のダンストラックをいれるなどで意外と1枚サラッと聴けちゃいますね^^
確かにやってることはキャラ通りで優等生で想像通りな作品ですが、自分はつまらないとかは感じませんでした。チャートではかなり成績悪いみたいですが、今バラードはチャート受け悪いからしょうがないっちゃーしょうがないのかな^^;
でも彼女にはこの路線で貫き通してほしいですね~



★★★★

JLS『JLS』

403_20100109004734.jpg


01 『Beat Again』
02 『Everybody In Love』
03 『Keep You』
04 『Crazy For You』

05 『Heal This Heartbreak』
06 『Close To You』
07 『Only Tonight』
08 『One Shot』
09 『Private』
10 『Don't Go』
11 『Only Making Love』
12 『Kickstart』
13 『Tightrope』

英国で国民的人気のオーディション番組X-FactorにてAlexandra Burkeと同シーズンに活躍し、準優勝ながらも優勝を奪われたAlexandra Burkeに負けず劣らずの人気を獲得しているUKの男性アイドルグループJLS。
一応くくりはアイドルなんだろうけど、よくよく見るとそんなアイドルフェイスってわけでもないなwでも問題は内容です!
まずは本作からの先行となった『Beat Again』つかこれKardinal Offishall『Dangerous』ぽい!ただやっぱりかっこいいな~!Liveを見る限りダンスもなかなかカッコ良かったです
ただその先行よりグっときたシングルが『Everybody In Love』J.R.Rotem作の超ポジティブなポップソング!J.R.Rotem特有のはじけた夏っぽいトラックが超ツボwこの曲がきっかけでアルバムを買いました^^ちなみにこのシングル2曲はUKのシングルチャートで首位を獲得したようです。
次の『Keep You』もイイ!このユル系のダンストラックがまずカッコイイですね^^はじめの印象は地味でも聞けば聞くほど耳に馴染んで心地よくなっていく感じが◎
そんで次の『Crazy For You』がやばい!このアイドルグループからこんな神秘的なバラードが聞けるとは思ってなかったな~。しかも4曲目にしてw感じでいえばRyan Tedder系かな?でもすごくいいです!
あと『One Shot』は3rdシングルみたいですね。ただこの曲かなりのクセ物wだってはじめはしっとりバラードを聞かせてくれるのかな~なんて思ってたら、いきなりVerseが終わった瞬間にいきなりバリバリのトランストラックへ変わるからビックリするwただこのトランスへの変換に気をとられてたからはじめは気づかなかったけど、メロディ自体は綺麗だから展開後もきちんと哀愁があって好き。
『Private』はLady Gagaあたりが歌ってそうなエレクトロポップ。ただ質は高いと思います。
他は『Don't Go』も結構好きかな^^勝手な予想でしかないんだけどバックスの新作に入ってそうw
あと『Kickstart』も同じくw

そりゃあアイドルのデビューアルバムなんですから流行りの音ばっかですよ。
まぁかなり荒削りな印象もあるけど、それはそれで聞いていて楽しいw
若々しい印象がほとんどだけどその中にある『Crazy For You』みたいなバラードがこのアルバムの質を高めてると思われる。



総評★★★★80点

«  | HOME |  »

Today's Power Play!!!

「Satellites」
冬の夜空と一緒にこの曲を・・・

プロフィール

そろてぃ

Author:そろてぃ
好きな歌手:Destiny's Child(Beyonce・Kelly・Michelle)・Monica・SWV......詳しくはココ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ヘビロテ!!!

73q0.jpg

Next Review

未定

FC2カウンター

サーチ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

暇あったら押してみて下さい↓↓

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。